2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【Edit】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

ろ材余っていませんか?

2011.11.07 (Mon)
ろざい水槽

最近お気に入りになった水槽システム(ろ過システム?)を紹介。 ある意味これ、最強かも(笑)
と、言うわけで手持ちにろ材が余っている人にぜひお勧めな水槽ですね。

よく底面フィルター使用時、底面の上にウールマットを敷きソイルを使ったり、ろ材の上にウールマットを敷いてさらにその上にソイルとかを乗せて使う人もいるけど、ウールマットが目詰まりした時・・・ どうするんですかねー その都度リセット? 目詰まりしたら確実に揚水量は減るし。

しかもそのリセットする時にソイルとろ材が混じったら分離するのが面倒。 面倒くさい事は極力しない派の俺としては底面フィルター使用時は複数の底材料は使わないことにしています。大磯とかなら目詰まりしたらプロホースとかでガシガシほぐせば揚水量は復活しますし♪

この水槽の住人は秘密・・・(*^m^*) ムフッ だって言えない・・・ (・-・*)ヌフフ♪

一番ろ過効率がいいろ過システムは? と、聞かれたら「底面フィルター(エアリフト)」と、答える俺。
60規格程度の水槽に高さ2~3mのドライタワーとか設置できたらこれも最強かもだけど、実際に設置となると現実的ではない(笑)

そんなわけで60規格に底面フィルターをセットしてエアリフトでは無くSQ-10仕様(出口にディフューザー)での底材料に手持ちに余っていた使い古し(?)のろ材を敷き詰めたもの(笑)エアリフトがお勧めといいつつ水中ポンプにしたのは手持ちにエアポンプが見当たらなかったため(笑)

右側

いろんな種類のろ材が混ざってます。

左側

一番多いのはサブスト普通玉かなー いろいろなろ材使ったけどやっぱりサブストに戻りましたね。 本当は玉のサブストじゃなくて白い塊のサブストが好きなんですけどね。

植える水草を使わない派、いろんな添加剤を使うのが好きな人派の人はこんな水槽に流木につけた水草を沈めればろ過能力「だけ」を考えれば最強だと思われます。
スポンサーサイト
【Edit】 |  15:38 |  アクア系  | トラックバック(0) | コメント(3) | Top↑
コメント
そんなケチなこと言わずに 教えてくださいよ~~
どんなお魚なのかなぁ
みも |  2011.11.08(火) 19:57 | URL | 【Edit】
僕もこの水槽、考えたことあります。
でも、実際はろ材が足りなくて実現しませんでした。
中身と一緒に、今後も経過が気になります。
トロン |  2011.11.09(水) 00:24 | URL | 【Edit】
>みもさん
お魚は・・・ 特定外来生物に指定されているこ・・・(^^;;
まあ、指定される前から飼っているので許してもらうことにします(笑)

>トロンさん
60規格だとサブスト普通玉なら10~15Lくらい欲しいですね♪
厚く敷けばその分効率もあがりますし、大磯などと違って通水性も厚くしても確保できますしね。

色が黒のサブスト普通玉があったら使いやすいかも♪
らるふ |  2011.11.10(木) 15:08 | URL | 【Edit】
コメントを投稿する
Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。