2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【Edit】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

水草もっさもさがベスト

2007.08.20 (Mon)
もっさもさ


水草もっさもさの30C。ここまでもっさもさになってくれると水換えをしなくても足し水だけで維持できると。 水草も全然無い状態で水換えをする事無く足し水だけで維持なんてことは俺には恐ろしすぎて出来ない。

この状態を作れたらあとは完全無給餌でも維持は可能。 水草につくコケでも食べるだろうし、動物質の餌が食べたくなったら寿命などで死んだエビ、弱って死んだエビを食べるだろうし。 

エビの排泄物は水草の成長の為に使われ、光合成で酸素を生み出し、枯れた葉っぱなどは餌になり・・・ 厚みのある底床ではバクテリアが住み着き生物ろ過が行われる。

厚みのある底床に水草を植え生体を飼育する。
これが俺の水槽作る時に常に意識することですね。 

水草


上からみるとこんな感じ。 パールグラスが覆いつくすくらい。実際には水槽の後部に立ち上げる時に植えた10本程度のパールグラスがオーバーハングするように迫ってきている状態です。 と、いいつつも前面の方にパールグラスが這って来てますね。

集合


写真を撮る為にキャットを投下。大人サイズから生まれたてサイズまで色々なサイズのエビがいます。
スポンサーサイト
【Edit】 |  12:17 |  赤エビ・黒エビ  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑
コメント
コメントを投稿する
Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。