2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【Edit】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

えび水槽を作るシミュレーションをしてみよう

2010.08.24 (Tue)
60ワイド

10月後半か11月くらいになったらえび水槽を作ろうかな、と思っているのでえび水槽を作るシミュレーションをしてみましょう。

第一案

何回も言っていたように俺の飼育パターンは小さい水槽での飼育は無理。 最低でも60ワイドは欲しい。
と、言う事で今現在水が入っている60ワイドがこれ。 水が入っていない60ワイドの水槽はアクアな倉庫に転がってますが。。。

生体はドイツイエローに赤桜海老、ワイルドのステ吉たちが5~6匹。 あとはネグロも5~6匹かな・・・
水草は定番捨てるほど増えるEch.サンタマリアが4株くらいで他いろいろてきとーに。

ろ過は2215が2台に2213が1台。 使わないエーハがゴロゴロ転がっているのが勿体無いので極力色々な水槽へとりあえずつけとけ!って感じで付いているのが多いですね。 使っていないと邪魔扱いされる が正しいのかも(笑)

で、これでエビ水槽を新しく作るとすると・・・ ドイツイエロー、赤桜エビは別水槽へ移したい。ステ吉にネグロは同居でもいいかな。 てか、本当はこの水槽、ステ吉たちを増やすことを狙った水槽なんですけどね(^^;;

ステ吉の繁殖もできたら狙いたい・・・ やっぱ隣の120に移動させるかな、ステ吉たちは・・・・

とりあえず、全てリセットして立ち上げなおすとして必要なものが・・・

水草もっさもさにするのが楽なのでアマゾニア使用。 ノーマル9Lを2袋+パウダー9Lを1袋 かな。
エビの居住スペースになる底を今回は広く取ろうと思っているので流木、石などは使用せず。
水草もシンプルにサンタマリアをメインにグロッソ絨毯くらいですかねー。 絨毯が出来るまではマツモの切れ端でも放り込んでおきます。

あとミキサーが欲しいな。 今のところは水槽内に拡散器(CO2ストーン)を設置してますがちょっとスッキリ見せたいので。

90P

第二案

次のえび水槽候補がこの90P。 立ち上げ年数からしたらこっちの方が60ワイドより長い。

生体はCo.シュワルツィ(ワイルド)にマキュラータ?ブリジッタエ? どっちだったかな(^^;;

ろ過は2213が2台。

生体も少ないからリセットするのならこっちの方が楽チンなんですけど、ミドボン設置場所からちょっと遠いのでCO2配管がちょっと面倒くさそう・・・ 今現在CO2添加はしていないので。 それに照明もちょっと・・・

この90Pをエビ水槽にするとしたらまずは照明にメタハラを確保。 70W2灯か、100W2灯のメタハラにしたい。

アマゾニアはノーマル9Lを3袋+パウダー9Lを2袋かなー。。。

この水槽をえび水槽にするネックがCO2配管と照明。 メタハラはまあ、自分で作るからいいんですけど、CO2配管は・・・

60ワイドにはメタハラが吊ってありますし、CO2配管も来ているし。。。

やっぱり60ワイドでエビ水槽を作るのがいいかな?
スポンサーサイト
【Edit】 |  16:48 |  赤エビ・黒エビ  | トラックバック(0) | コメント(3) | Top↑
コメント
自分はエビをやめようかと思ってます!
リセットが早すぎるし、稚エビを掬うのがとっても大変ですし・・・
突然☆になるし・・・
本気でお魚or水草に専念しようかと思ってますヨ!

今更ですが、エビって思ってる以上に手が掛かる様なきがしますが?
1080 |  2010.08.25(水) 18:03 | URL | 【Edit】
60ワイドが無難でしょうね♪
それにしてもエビ水槽と言いながら気にしているのがCO2配管ってとこが好きですぅ(笑)
マッキー |  2010.08.25(水) 22:16 | URL | 【Edit】
>1080さん
とりあえずソイル(アマゾニア)の底を厚く作って水草をモッサモサに仕上げる水槽を作ってみてください。 ここでいうモッサモサって言うのはソイルの中に根を張る水草の事をさします。

それで水草がモッサモサに育ってきた中にエビを投入してみてください。 

ソイルを厚めにし水草がモッサモサだとリセットはほぼ必要ないです。俺の120cmEch.水槽はもう4~5年(?)はリセットをしていません。 エビ水槽ではありませんが。

水変えは確実に行い(足し水での維持はしない)水草がモッサモサの水槽を作りエビを入れる。 チビエビは掬うことはしない、死んでも無視、生き残るやつが育つ って感じで水草水槽にエビを入れるようにすれば、ほぼ放置でいけます。

実際に俺のグロッソもっさもさ水槽は無ろ過でもエビを維持できています。

まずは水草モッサモサの水槽を作り維持をする。 そこへエビを入れるようにしてみてください。

>マッキーさん
基本的に水草1番に考えますしね。 

CO2は無くても良いですけどあって害があるわけでもありませんし。 

エビは酸欠に弱いからCO2はだめだ CO2を入れるなら夜間はエアレーションだ とか。

そんなこと水草がモッサモサになっていれば関係ないですしね。

そりゃー水草がほとんど無い水槽ではCO2の大量添加とかは駄目でしょうけどね。 CO2を消費する水草の絶対量が少ないわけですし。

俺の作る水槽は生体が住みやすく、手入れの手間をはぶく が基本理念ですし。

その考えで 水槽は「水草モッサモサ」+「水変え」 でと俺は結論づけました。
らるふ |  2010.08.27(金) 11:37 | URL | 【Edit】
コメントを投稿する
Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。