2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

ティムコ TMCメモリー?

2011.03.02 (Wed)
めもりー?

ティムコから発売されているTMCメモリー、使っているかたいますか?
俺も結構好きでフォールの釣り、ぶら下げの釣りで愛用していたのですが1点気になる点が。

フライラインの先に付けということですが、フローティングラインの先にメモリーを取り付けたりすると。。。
当然ですがフライラインがかくかくします(笑) 1本のフライラインを使いまわしたい俺とすると・・・

ドライの時にメモリーが付いていたりするとちょっと・・・ あと上手く取り付けられないとメモリーが動いちゃったりするんで確実に固定するためには瞬着などで固定することに。 そうするとフライラインにつけちゃうと不都合があるかなー・・・ と、言う事で!

写真の取り外し型ラインインジケーターを作ることにしました。写真のものは手前のかけ上がりなどを狙う近場用に短めに作ってみました。 沖目を狙うときはメモリー?を長めに間隔を多めにとって使えば良いかと思われます。

フローティングラインを用意してメモリー?を固定すれば完成。 フローティングラインはなんでも良いかと。
俺はランニングラインのフローティングタイプを使用。

らいんがわ


フライラインに繋ぐ側は折り曲げてスレッドでループを作って瞬着+チューブ固定。 チューブは無くても瞬着固定で十分使えます。

ラインインジケーターとフライラインはループtoループで接続。 フライラインは最近ループ付きの物がおおいですので、そのまま取り付けを。 フライラインにループが無ければブレイデットループを取り付けるのが良いかと。

ぬーん

反対側にはエラスティックショックバット(ヌーン)を短めに繋いでいます。 ヌーンの接続にもループtoループを愛用していたのですが今回は直接ラインにヌーンを固定してみました。編みこみ方式ではなく。

初めての接続方法なのでどれくらいの接続強度があるかわかりませんのでちょっと実釣で確認してみてですね。

スイベル

ヌーンの反対側にはローリングスイベル極小をヌーンを折り返してスレッド+瞬着固定で入れています。

基本的にフォールの釣り、ぶら下げの釣りではリーダーを使用しないのが俺の釣り方。 直接ティペットで。
そのティペットと言ってもトラウト用のフロロラインを使用しますが(笑) 基本的に2lb、3lbの使用をメインに。 喰いが渋い時用に1lbか1.5lbくらいが用意できればいいかな。

1ヒロを基本に短くしたり、長くしたりするのでフライ用として売られているティペットだとあっと言う間に無くなったり・・・

スイベルを入れておけばラフにラインカッターを当てたりしてもいいので。 

*:このスイベル使用は他のフライフィッシャーさんのHPを参考に良い方法だなと思ったので使わせていただいています。

最後に・・・

当方が作っているのはメモリーではありません。メモリー? です。 メモリーを作りたい人はティムコから発売されているTMCメモリーを購入してください。
スポンサーサイト
【Edit】 |  10:52 |  トラウト・釣り  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑
コメント
コメントを投稿する
Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 | HOME |