2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【Edit】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

120水槽をオーバーフロー水槽にしてみる

2011.03.23 (Wed)
水槽台加工

水槽設置場所移動中につき水槽をやりくり中。 その中のひとつで120規格アクリル水槽をオーバーフローも可化して設置します。 とりあえず「オーバーフローも可能も化」という感じで。 では、はじめます。

120水槽を設置にあたり新規で水槽台を購入。 コトブキの水槽台。 初めからOF用の穴があいていますがちょっと加工しないと駄目なので加工します。

水槽台加工2

はじめからあいているOF穴ですがちょっと穴が小さいので写真のホールソーで大きく加工します。

水槽台加工完了

ぶーん!と、穴あけ加工終了。 うんうん、上手くいきました。

水槽を置いてみる

次に穴あけ加工が終わった水槽台に水槽を乗せて・・・

現物合わせでマーキング

水槽台下からマッキーで穴をマーキング。 油性ペンだから消えないけど底になるからいいや、って感じ。

穴あけ加工

フィッティングの大きさよりちょい大きめな穴を開けて穴あけ加工が終了。

バルソケにシールテープ

バルブソケット(OF立ち上げパイプ用)にシールテープを巻いて、水槽内側のフィッティングに取り付ける。

フィッティングを取り付け

バルブソケットをねじ込みフィッティングを水槽側から穴に通しナット締めでフィッティングの取り付け完了。

水槽内側からゴムパッキンで密着させるので塩ビ溶接やら、アクリル用接着剤やら、シリコンやらでOFパイプを固定する方法よりはるかに楽チンです。

OFパイプを取り付け

透明塩ビパイプをバルブソケットに接着してOFも可化の完成。

配管

あとはもう何も難しいことなく水をいれてろ過を設置して完了。
とりあえずOF用のろ過槽が用意できないのでOFパイプの中に配管を通して2215を設置しときました。
ちょっとタップ全開だとウパっちが流されそうなのでタップを少々閉めてあります。

きれいになる

水槽設置場所の都合で手入れが面倒くさかった親ウパ水槽を上に上げることが出来て良かったです。
もしかすると、この水槽とデル平治水槽を入れ替えるかもですが・・・

OF水槽を作るには各サイズの「フィッティング」が便利です。
スポンサーサイト
【Edit】 |  15:18 |  アクアDIY  | トラックバック(0) | コメント(2) | Top↑
コメント
ご無沙汰してます。
楽しそうなことされてますねぇ。綺麗に仕上がって素晴しいです。
私は透明パイプを探しているんですけど、そのくらいの径になると
結構な値段しませんかぁ~。
ウルフガング |  2011.03.25(金) 17:07 | URL | 【Edit】
>ウルフガングさん
この程度のパイプをアクリルで揃えると結構なお値段もするかと思いますが、当方のパイプは塩ビなのでアクリルよりは安いかもですが。。。

4m1本モノを仕入れているので値段もトントンかも(^^;;
らるふ |  2011.03.30(水) 10:37 | URL | 【Edit】
コメントを投稿する
Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。